英語研修 2024年6月29日(土)

英語研修を行う目的とは?効果や成功させるコツも解説!

ポリグロッツ編集部

近年のデジタル技術の発展によりグローバル化が進んだ現代社会において、英語力はますます重要なスキルとなっています。

企業が国際競争力を高めるためには、従業員の英語力向上が不可欠です。

この記事では、英語研修を行う目的やメリットや、実際に英語研修を取り入れている代表的な業種を紹介します。

また、実践的なスキルの習得に効果的な英語研修の方法についても詳しく説明しています。

英語研修を検討している企業だけでなく、スキルアップを目指す社員にとっても有意義な情報です。

ぜひ参考にしてみてください。

英語研修を行う目的とは

英語研修の重要性はわかっているものの、英語研修を行う目的を明確化できていないという場合もあるのではないでしょうか。

漠然とした目的ではなく自社の課題や経営戦略から逆算して目的を設定することで、英語研修の効率を向上させることが可能です。

ここでは、英語研修を行う代表的な目的を挙げます。

ビジネス領域の拡大

企業が英語研修を導入し英語力を向上させることで、既存事業だけに縛られずに事業展開が可能になります。

社員が新しい市場や顧客に効果的にアプローチできるようになるため、ビジネス領域の拡大を目的として研修を実施する企業もあります。

単にグローバル展開を狙うだけでなく、海外市場の動向調査やトレンドの推移といった最新の情報を収集・分析することで新たなビジネスチャンスの緒となりえます。

研修を通じて英語力を身につけることで、営業活動やマーケティング戦略の幅が広がり、新規顧客の獲得や既存顧客との関係強化にも役立ちます。

国際展開

英語研修を国際展開における第一歩として位置付ける場合があります。

企業が国際展開を進める上では、現地スタッフとの連携や現地市場に対する十分な理解が重要です。

英語研修を受け語学力を身につけることで、現地のステークホルダーとスムーズなコミュニケーションを取ることが可能となります。

このような点は迅速な意思決定や柔軟な対応が期待できます。

業務の効率化

従業員が英語でのメールや電話だけでなく会議においても、情報伝達を迅速かつ正確に行うことを目的とする場合もあります。

高い英語力を身につけることで認識の齟齬やミスが減少し、円滑な進行が可能になります。

近年ではDeeplやGrammarlyといった翻訳や文章公正のサポートツールも発展していますが、社外秘の情報にはこれらのツールを使ってはいけないという規則のある会社も存在するのではないでしょうか。

また、電話対応を行う際は実際に自分が会話を行わなくてはならず、現場で通用するスピーキング・リスニング力が求められます。

そのほかにも自身のライティング・リーディング能力を鍛えることで、資料の理解や作成能力が向上し業務の効率化につながるでしょう。

グローバル人材の確保

英語研修をグローバル人材の確保を目的として行われることもあります。

海外で通用する英語力の強化を目標に設定していたり、成長意欲の高い入社希望者などの優秀な人材を囲いこむための福利厚生的な立ち位置でも利用可能です。

少子高齢化を始め、優秀な人材を採用したい企業の採用難易度は上がってきている背景から、採用計画から育成のフェーズで英語研修を組み込む企業も増加傾向にあります。

また、英語力を身につけた従業員は、国際的な人材市場でも競争力を持つようになります。

そのため、研修を通じて現地スタッフや国際プロジェクトチームとの連携強化が期待できます。

こうした変化により、日本以外の市場でも活躍できるグローバル人材を育成することができるようになるでしょう。

研修ノウハウの蓄積

英語研修を社内育成の仕組みづくりとして位置付けている場合もあります。

英語研修によって身につけたノウハウは、自社における英語研修以外の研修プログラムにおいて知見の構築に繋がります。

従業員からのフィードバックを研修に活かすフローや、費用対効果の基準を設定する際にも役立つでしょう。

こうした人材育成の体系化は、中長期的な競争力の強化・保持に大きく寄与することが期待されます。

ただし、研修ノウハウを蓄積するためには、評価制度や担当者の研修理解度が高いことが重要です。

なんとなく制度として取り入れるだけではなく、研修を行った先の評価制度などを明確化することが重要です。

ポリグロッツの法人向け英語研修サービスでは、英語研修のプロが会社の目的をヒアリングします。

目的から逆算して評価制度の設計やレポートなど、さまざまな提案が可能です。

研修設計にお困りの方はぜひサービス概要をご覧ください。

▶︎ポリグロッツの法人向け英語研修サービスを見る

英語研修で得られるメリット

ここでは、英語研修を行うことで得られるメリットについて解説します。

競争力強化

英語研修によって企業としての競争力の強化が期待できます。

社員の英語力強化によってグローバル市場への参入と、国際的なパートナーシップ構築へ貢献できる可能性が高まります。

また、世界的規模で展開できる事業の創出にも役立つかもしれません。

単に英語力を磨くだけでなく、特定の国や地域の慣習、文化、法令に対する理解を深めることで他社にない競争力をつけることができます。

円滑なコミュニケーションが可能

英語研修によって業務におけるコミュニケーションを円滑にすることができます。

特に、国際的なプロジェクトや会議へ参加する際には、英語のスキルが重要です。

異なる文化や背景を持つ同僚や顧客との意思疎通がスムーズになります。

そのため、英語を用いた業務におけるコミニュケーションの誤解や認識の齟齬を減らすことできます。

モチベーションの維持・向上

英語に限らず、新しいスキルを習得することは、従業員のモチベーションを高める有効な手段です。

英語研修を通じて自身の成長を実感し、仕事に対する意欲も向上します。

特に目に見える進歩があると、達成感が得られると共に自己肯定感も高まります。

こうした経験を社員が積むことで業務だけでなく、自己研鑽にも意欲的になるため社員にとっても市場価値が上がるきっかけになることもあるでしょう。

そのため、企業および社員にとっても相互利益となるでしょう。

業務領域の拡大

社員の持つ英語力は、多くの企業で昇進や異動において判断要件となることがあります。

グローバルなビジネス展開を進める企業では、英語力が高い社員の海外拠点での勤務や国際プロジェクトへの参加機会が増えます。

また、英語ができることで、より多くの最新情報や海外の動向をチェックでき、専門知識を深めることも可能です。

昇給

社員の英語力の向上によって業績がアップすれば社員へ昇給として還元できます。

社員の給与向上は勤務に対する意欲の向上や優秀な人材の確保などの競争力の維持に繋がります。

実際に管理職以上になるための要件にTOEICやTOEFLといった具体的な検定のスコアを設けている企業も多く存在します。

このような点から英語力の習得が形となって現れやすい環境であれば、従業員にとっても、持続的な成長を目指す企業にとっても魅力的な研修と言えるでしょう。

英語研修を取り入れている代表的な業種事例

英語研修を取り入れている企業は多岐に渡ります。

特に、近年では、インバウンド需要の増加や少子高齢化によって減少した労働力の外国人人材による代替も検討されています。

こうした社会情勢の変化から、英語力は業界・業種に関係なく求められている能力になりつつあります。

そこで、ここでは英語研修を取り入れている企業のうち、特に近年求められるようになっている業種について英語研修を行う目的と期待する効果について解説します。

多国籍企業

多国籍企業では、世界中の拠点との連携が不可欠であることから英語研修を行う場合が多いです。

英語は共通言語として使用されることが多く、従業員が英語を不自由なく使えることは非常に重要です。

英語研修を通じて、国際会議やメールのやり取りがスムーズになり、業務効率が向上します。

また、プログラムによっては異文化理解に対する理解が深まります。

そのため、グローバルな視点での問題解決能力の醸成も含めて研修を行うこともあるようです。

ソフトウェア開発企業

ソフトウェア開発企業では、最新の技術情報やトレンドに触れ、情報や技術のキャッチアップを繰り返すことが重要です。

このようなキャッチアップに役立つ最先端の情報や技術は、GitHubに代表される英語が共通言語のプラットフォームを利用したり、海外論文を用いて行う場合が多いです。

そのため、こうしたスキルの研鑽においては英語力が欠かせません。

また、ソフトウェア開発企業では、多国籍なバックグラウンドを持つ開発チームと協力する場面も多いです。

英語研修を受けることで、こうしたシチュエーションにおける円滑なコミュニケーションも期待できます。

大手銀行、保険会社

大手銀行や保険会社では、近年、国際的な取引や海外市場への進出が進んでいます。

こうした背景から、社員の英語力の向上がますます求められています。

特に、英語を用いたプレゼンテーションや契約・交渉の機会が多く、業務を円滑に進める目的で重要性が増しています。

また、エンドユーザーと直接折衝する社員にとっても金融商品やサービスのアピールを最大限行うことができるようになります。

観光業・ホテル業

観光業やホテル業では、外国人観光客に対しても日本人観光客と同じようにサービスを提供することが重要です。

大規模なホテルだけではなく比較的小さなホテル・旅館などでも海外観光客は増加傾向にあるため、英語力の醸成は喫緊の課題と捉える企業も多いようです。

特に、観光業やホテル業では通常業務としての接客だけでなく、トラブルにも対応する必要があります。

そのため、英語力を身につけることが業務の円滑化だけでなく、リピーターの獲得にもつながるため重要な研修と位置付けられることも多いようです。

医療・病院

医療現場では外国人患者に対して英語力が求められます。

翻訳ツールを導入している病院・医療機関も多く存在しますが、患者の安心感を得るためにはスタッフが言語を習得していることも重要です。

特に、近年では観光業やホテル業と同様に、インバウンド需要が高まったことで旅行中に医療機関を利用する外国人患者も増えているようです。

また、外国人患者だけでなく、海外の医療専門家との連携を行う際にも英語力は必須であると言えるでしょう。

英語研修によくある課題

英語研修を行ったからといって必ずしも成果が出るわけではありません。

自社にとって必要な課題設計や目標設計、社員一人一人のモチベーション管理など、研修を効果的に行うための準備や課題を解決しておくことは非常に重要です。

ここでは、英語研修を行う上で感じやすい課題について解説します。

ニーズの把握・成果の評価方法

企業の課題は1つでも、研修を受講する社員一人一人の抱える課題や目標は多種多様です。

そのため、こうしたニーズの把握を難しく感じる場合があります。

英語研修を成功させるためには、受講者のニーズを正確に把握し、適切なプログラムを提供することが重要です。

また、研修の成果を評価する方法についても、定量的な測定が難しく、どの程度スキルが向上したのかを明確に評価することに困難を感じる場合もあるようです。

研修の準備段階で評価制度を固めておくことで、研修をスムーズに続けることができるでしょう。

コスト

限られた費用や時間の中で成果を産むためにはコストパフォーマンスも意識しなければなりません。

英語研修の費用が高く、負担に感じる場合もあるようです。

このような点が課題になる状況では満足な成果を感じられていない場合が多いです。

また、内容に関しても実際の業務には必要のない内容も行われているなど、無駄が生じていることもあります。

研修コストに課題を感じた場合は、スコアなどの成果だけでなく、満足度や内容といったより具体的な点に問題がないか精査を行うことが重要でしょう。

学習レベルのばらつき

学習進度やレベルにばらつきが大きく生まれてしまう点も課題となることが多いです。

様々なレベルの学習者がいる場合に、同一の教材やカリキュラムを利用することは成果に結びつきづらいでしょう。

また、こうした取り組みではモチベーションの低下にもなり得ます。

学習レベルを簡単に把握できるように具現化するなどの取り組みを行うことで、ばらつきが生じているかどうかの確認ができます。

また、ばらつきが生じていると判断した場合はなるべく早く対応を行うようにしましょう。

実践機会の不足

研修で学んだスキルは机上で終わらせずに、実践することが重要です。

研修の中で良い評価を取ることや、英語資格において良いスコアを出すことだけでは本質的な英語スキルの向上とは言えません。

実際の環境やより実践に近い環境で自身のスキルを試すことで、力試しになるとともにより研鑽が必要な要点もはっきりします。

しかし、多くの場合ではこうした機会が十分に提供できていない点を課題に感じているのではないでしょうか。

こうした場合はあらゆる業界に対する英語研修の実績があり、実践的なトレーニングを積むことのできる英語研修サービスを利用することがおすすめです。

製造業をはじめ多くの企業に対する法人英語研修の経験が豊富な大手企業ポリグロッツでは、企業のニーズに合わせたカリキュラムのカスタマイズを行うことができます。

また、学習レポートや学習カウンセラーによる手厚いサポートも充実しています。

英語研修を新たに始める企業だけでなく、これまで英語研修を行っていたものの新たな英語研修サービスを検討している企業にもおすすめのサービスです。

英語研修サービスの選定をご検討の研修担当者様はぜひ一度ご覧ください。

▶︎ポリグロッツの法人英語サービス

英語研修の種類と使い方

ここでは、効果的な英語研修の種類について解説します。

それぞれの研修方法の特徴とメリットおよびデメリットを理解し、目的に合わせた最適な研修を選ぶことで、英語力向上に繋げることができるようにしましょう。

対面授業

対面授業には、主に「通学」「講師の派遣」「合宿」という方法があります。

どの対面授業であっても共通して講師から直接指導を受けることができ、進捗が揃いやすいという特徴があります。

ただし、それぞれの形式毎にできること、できないことも存在します。

そこで、ここではそれぞれの特徴と適した目的を解説します。

通学

通学型の英語授業は、専用の教室に通い、定期的に授業を受ける形式です。

講師の用意した環境で直接指導を受けることができます。

そのため、講師の自宅である場合や教室の設備によっては他文化への理解にも役立つでしょう。

また、他の受講者と実際に交流を行うことができるため、学習モチベーションの維持も期待できます。

一方で、通学時間や交通費が発生する点や時間の融通が利きづらい点はデメリットとして捉えられやすいです。

そのため、定期的な学習習慣をつけることを重視したい場合には有効ではありますが、業務量の緩急が激しいような勤務環境である場合には適さないでしょう。

講師派遣

企業内に講師を派遣する形式の研修です。

受講者が移動する必要がないため、負担に感じにくいことが特徴です。

企業のニーズに合わせたカスタマイズがしやすく、特定の業務に直結した内容を学ぶことができます。

また、業務の合間に研修を受けられる場合もあり、時間の有効活用が可能です。

一方で、企業によっては学習環境が整っておらず、自社で場所の確保や整備が必要になる場合もあります。

また、現実的な運営を考えると部署ごとや事業部ごとに研修を行うことが増え、自ずと他の受講者との交流が閉鎖的になりやすいという点を危惧される場合もあるようです。

そのため、事業部や部署ごとの人数が少なく、会社の中で組織単位でのグループ分けがあまりされていない中小企業やベンチャー企業には適しているかもしれません。

合宿

集中して英語を学びたい場合には、合宿形式の研修が効果的でしょう。

多くの場合では、数日間から一週間程度の間で、寝泊まりをしながら集中的に学習を行います。

合宿の場合は短期間でのスキルアップが期待できます。

また、異なる環境での学習はリフレッシュの効果もあり、モチベーションの維持にもつながるでしょう。

しかし、一般的に費用が高額になりやすいというデメリットがあります。

また、合宿形式ではまとまった日数を確保しにくい社員にとってはハードルが高いことや、一時的なスキルアップで終わらせないように別途で対策も必要になります。

そのため、企業の包括的な事前準備が強く求められる形式と言えるでしょう。

オンラインレッスン

オンラインレッスンは、インターネットを通じて行う英語研修です。

インターネット環境さえ整っていれば自宅やオフィスから参加でき、講師を派遣する場合のように場所や時間に縛られつことなく学習できます。

また、多くのオンラインレッスンでは、録画した講義を視聴したり、オンラインミーティングなどで講師と直接コミュニケーションを取ることができます。

進捗に合わせて個別のフィードバックが受けられるため、効率的に学習を進めることも可能です。

一方で、インターネット環境に依存するため、社内で行う場合や自宅で行う場合は事前にネット環境が整備されているか確認しましょう。

特に、社内ネットワークを利用する際は、通信量の増大やセキュリティ対策により通信速度が低下する場合もあるため事前に確認するよう意識しましょう。

また、モチベーションを維持することが難しく、対面での実践的な練習やフィードバックが十分でないサービスを利用してしまうと成果に満足できない場合もあるようです。

サポート体制が十分なサービスを利用すると良いでしょう。

リモートワークやウェビナーを推奨しており、オンライン環境が整っている企業や、社員が多忙で、固定の時間に授業を受けることが難しい企業に向いた形式であると言えるでしょう。

隙間時間にアプリで

忙しい日常の中で英語を学ぶためには、スマートフォンアプリの活用が非常に便利です。

通勤時間や休憩時間など、ちょっとした隙間時間を利用して学習できる点がメリットと言えるでしょう。

また、発音練習やリスニング強化、語彙力の増強など、目的に応じた多様なコンテンツが揃っており、自分に合った学習方法を選べます。

一方で、自己管理が必要であり、実践的なスキルの習得にはあまり向かないことから複数の形式と栄養すると良いでしょう。

英語研修は学ぶ意欲を引き出し、事業に繋げることが重要

英語研修は、社会情勢の変化からサービス業を中心としたBtoC企業だけでなくあらゆる業種で重要性が増しています。

また、目的やメリットも様々で企業ごとに適切な研修方法を設定することが重要です。

多様な学習方法を組み合わせることで、場所や時間に制約されずに効果的な学習が可能になります。

また、英語研修の本質的な目的は英語力によって事業の競争力や生産性の向上に寄与することです。

しかし、研修の実行自体が目的化している場合や、単なる英語力の向上だけに気を取られてしまう企業もあるようです。

そのため、英語研修は受講者が能動的に行い、事業に繋げられるように実践に落とし込むことが重要です。

社内の人事担当者・HR担当者は社員の抱くニーズ把握や成果評価に加えて、コスト、モチベーションの維持などを鑑みて英語研修を行えるよう意識しましょう。

一過性でなく持続的な成長の望める英語研修を行得るように意識しましょう。

このような英語研修を実現するためには、カスタマイズが容易で、研修の成果を可視化できるサービスの利用がおすすめです。

法人英語研修において数多くの実績を持つ大手企業ポリグロッツでは、企業のニーズに合わせたカスタマイズや手厚いケアによる支援を行うことができます。

英語研修サービスをご検討中の研修担当者様はぜひ一度ご覧ください。

▶︎ポリグロッツの法人向けサービスはこちら

執筆者プロフィール ポリグロッツ編集部 英語研修サービスを提供している株式会社ポリグロッツの編集部。 法人向け英語研修サービスやその周辺情報について、プロの目線で情報発信を行います。

関連記事

個人それぞれの「興味をベースとした情報収集」は習慣化させることができる。ビジネスパーソンが気軽に学習し、世界中で活躍する日本人を増やしたい。代表山口の実体験と社会を変えたいという思いからポリグロッツは誕生しました。 創業以来個人向けの英語アプリとして提供しておりましたが、会社の研修で使いたいというユーザー様のお声から法人向けのサービスがスター。コロナ禍をきっかけに英語学習のオンライン化が進み、製造業を中心とした日本を代表する大手企業様の英語研修を実施してきました。英語がビジネスのボトルネックになることを防ぎ、グローバルの中で活躍できる人材を最短でより安価に育成することで、多くの研修担当者様にご満足を頂いております。今後はより一層業務で使える英語力にコミットするために、業界や職種の専門的なリスニングやスピーキングのできるコンテンツも順次投入予定です。

法人版POLYGLOTS
をご検討の方

料金プランや導入事例など、
資料請求は下記フォームからご請求頂けます。
また、その他のお問い合わせも
お気軽にご連絡ください。